JICで働く先輩教師インタビュー


 

いろんな角度から自分の母語を見るのはとても楽しいです。

 

2013年4月より勤務。

初級クラスからVCEまで多様なレベルのクラスを担当。

 

メルボルンに来たのはどうしてですか?

いろいろな国から日本語教師として働ける場所を探していて、JICを見つけたので。

 

オーストラリアに来る前は何をしていましたか?

前から海外で日本語教師をしたかったので、大学卒業してから一年間はITの会社で働いて、お金を貯めていました。

その間にも知り合いの紹介でボランティアで子供に英語を教えたり、日本語学校でも働いたりもしていました。

 

日本語教師になろうと思ったきっかけは何でしたか?

大学の時からボランティアとかで外国の人と触れ合う機会が割とあって、その時から「世界にはいろんな国がある中で、どうしてこの人たちは日本に来たんだろう」って思ったのが最初です。

私ももちろん日本が大好きですが、日本は日本語を話せないと不便ですし、英語を話せる人も少ないですから、自分の住んでいた鹿児島なんて外国の人は本当に少なかったんです。

でもそんな鹿児島に来て、みんな本当に一生懸命に日本語を勉強しているんです。

日本にいる外国人に触れ合うたびに自分の母語をこんなに勉強してくれているんだったら、私も教えたいな、手伝いたいな、って思ったのがきっかけです。

 

日本語教師の資格はどのようにして取得しましたか?

大学在学中に420時間の養成講座で取りました。

 

JIC Language Schoolはどんな学校ですか?

いろんな目的を持って日本語を勉強している学生が多いと思います。

例えば大学に合格したいとか、JLPT(日本語能力試験)に合格したい、という高い目標を持った生徒もいれば、気軽に日本文化・言葉を学びたい、日本が好きだから、という人もいます。

そういった生徒たちをすべて受け入れているので、生徒それぞれに合わせて色々な授業を作っていける、そんな学校だと思います。

 

JIC Language Schoolで働いて嬉しかったこと、は何ですか?

私授業で、すっごい鹿児島のことを話すんですよ(笑)

授業の導入部分に鹿児島を使ったり…。

最初はみんな鹿児島のことなんてどこ?っていう反応だったんですが、何度も繰り返して使っているので、私の学生はみんな鹿児島っていう県に詳しくなっていくのが嬉しいです。

 

特に大変だったことは何かありますか?

Beginner Aというゼロ初級のクラスは全員が始めて学ぶ方なので、いろんな質問をいろんな角度からしてくるんです。

それがまた面白いんですが、それへの対応は本当に予測できないので大変ですね。

 

メルボルンの生活はどうですか?

楽しいです。夏は暑くて、冬は寒いですけど…。物価も日本と違うので最初は慣れませんでしたが、今は楽しんでいます。

 

これから日本語教師としてメルボルンへ来る方へ、アドバイス等があればお願いします。

ここには、いろんな人がいて、いろんな学生がいて、いろんな学習方法もあって、いろんな角度から自分の言葉・日本語を見るのはとても楽しいです。この経験を積むことで、広い範囲で物事を見られるようになると思います。

 

それぞれの先生のカラーを出しながら、いい意味で自由な学校です。

 

2014年12月より勤務。

初級クラスからJLPTまで様々なレベルのクラスを担当。

 

 

オーストラリアに来たのはどうしてですか?

大学で日本語教育の勉強もしながら、英文学も半々で勉強していて、将来大学を出てから英語圏で日本語を教えたいと思っていました。

カナダ・アメリカなどの選択肢もある中で、オーストラリアが一番日本語教育の需要がある、と感じたから。

 

メルボルンに来たのはどうしてですか?

最初はブリスベンに1年いたんですが、日本語教育がクイーンズランドよりも盛んだと聞いたので、次はメルボルンでチャンスをつかめればと思って来ました。

 

オーストラリアに来る前は何をしていましたか?

大学を卒業して、ブリスベンの中高一貫の学校で日本語教師アシスタントティーチャーに申し込みしました。

 

日本語教師の資格はどのようにして取得しましたか?

大学の専攻にて取得しました。

 

JIC Language Schoolはどんな学校ですか?

ここで働く前までは、オーストラリアの人たちが一体どういう理由・目的で日本語を勉強しようと思っているのか想像があまりできていませんでした。

しかしここに入ってみると、皆さん日本が好き、日本の文化が好き、という趣味や楽しみとして来ている学生さんがほとんどを占めているのに驚きました。

また、学習事項や、教え方なども、ある程度クラスのメンバーや先生によって変えさせてもらえるので、自分や生徒にあった環境で、楽しく、なごやかな授業ができる学校だと思います。

 

JIC Language Schoolで働いて嬉しかったことは何ですか。

自分の学生が次の学期も継続して勉強しようと思ってくれた時。

グループレッスンの場合は学期ごとに次の学期も継続するかどうかの意思確認をしなければならないのですが、そこで自分のクラスを楽しいって思ってくれて、また一緒にやりたいって言ってくれた時が一番嬉しいです。

 

大変だったことがあれば教えてください。

まだ私は入って8ヶ月ほどですが、本当にいろんな学生がいて、まさに十人十色という感じです。

教師という仕事はコミュニケーション能力が問われる仕事なので、それぞれの個性に対応していかなければいけないのが、難しいです。でもそれが楽しいことでもありますね。

 

メルボルンの生活はどうですか?

すごく楽しいです。前にいたブリスベンは殺伐としていて、ビジネス街のイメージだったんです。街もメルボルンほど大きくなくて、遊びにいくところもほとんど決まっていました。

メルボルンに来てみたら、見るところもたくさんあるし、何よりカフェ巡りが楽しいです。

コーヒーもスウィーツも大好きなので、私にとっては最高の街です。

 

これから日本語教師としてメルボルンへ来る方へ、アドバイス等があればお願いします。

基礎的な部分はもちろん研修が必要ですが、それ以降はそれぞれの先生のカラーを出しながら、いい意味で自由な学校だと思います。常に自分で向上心を持って、自分からどんどん行動を起こしていく人には、最高の職場だと思います。

自分のもっている可能性をもっと出させてくれる学校です。

 

2015年1月から勤務。

子どもから社会人まで幅広い年齢のクラスを担当。

 

メルボルンに来たのはどうしてですか?

JICがあったからです。

 

オーストラリアに来る前は何をしていましたか?

英会話教室の営業事務をしていました。

 

日本語教師になろうと思ったきっかけは何でしたか?

あまりちゃんと覚えてないんですが、テレビで日本語教師というものを見て、養成講座に体験入学に行ってみました。その授業の中で「語彙を絵で表現する」というのをやってみたときに、周りから「うまいね!」と褒めてもらえたのが嬉しく授業受けてみようって思いました。

 

日本語教師の資格はどうやって取りましたか?

その養成講座で420時間を受講しました。

 

JIC Language Schoolはどんな学校ですか。

学生さんと先生の距離が近くて楽しい学校だと思います。

また働く立場からみると、JICでは授業以外にもたくさんチャンスがある場で、テキスト作成に関われたり、自分の特技を生かしていろんなことに関わらせてもらえます。自分のもっている可能性をもっと出させてくれる学校です。

 

授業をしていてうれしかったことはありましたか。

導入に失敗したけど、そこで挫けずにもう一度教案を作り直して、次の授業で導入が成功してみんなが理解してくれたとき。

 

メルボルンの生活はどうですか?

とにかく物価が高い!…ですが、街が大きくて、たくさん見るところがあって、楽しい街です。

 

これから日本語教師としてメルボルンへ来る方へ、アドバイス等があればお願いします。

メルボルンは物価が高いので、ゆっくり日本語教師としてトレーニングをしたいのであれば、事前の貯金があったほうがいいと思います。