有給インターンシッププログラム応募資格

  

応募資格

420時間養成講座修了生(文化庁に届け出をしている学校を卒業していること。ただし今後、海外に在住のかた、帰国後に日本語教師をされないかたは不問)

四年生大学にて日本語専攻または副専攻された方

または日本語教育能力試験合格者 


②オーストラリアで就労可能なビザ(ワーキングホリデーなど)保持者で心身ともに健康で良識のある方

①②の条件を満たす方


※①②の条件を満たしていても未経験というかたや教えた経験は

あるが自信がないというかたでも、オーストラリアで教えてみたいという意欲があればご参加できます。


 
JIC Language Schoolではこんな方を募集しています。
インターン生であっても日本語教師として誇りを持てる方、

積極的に授業に取り組んだり、学校運営に携ったりできる方、

また責任を持った行動ができる方を弊社では募集しております。

 

2002年開校以来、弊社がこれまで学校運営を続けてこられたのは、良い人材に恵まれたからというのは言うまでもありません。

日本語教師としての資格、知識はもちろんですが、弊社では向上心があり、意欲的に学校作りにも携わってくれる方を募集しています。

 

応募方法

オンライン選考フォーム

より必要事項を記入の上、ご応募ください。

面接

オンライン先行フォームの確認後、海外リクルート支援隊のスタッフまたは教務主任とスカイプにて面接を行います。

出発時期について

ご希望時期を伺った上で現地事情(休暇期間など)を考慮し調整させていただきます。

参加費用等 詳細

お問い合わせフォームから資料(無料)をご請求ください。

資料にはインターシップ派遣校などの情報も掲載しております。

 

 

派遣校について

 

JIC Language Schoolは、2002年の5月にオーストラリアのメルボルンに設立されたメルボルンでも歴史の古い民間日本語学校です。

 


生徒は大学進学を控えるビクトリア州の統一試験で日本語を選択した高校生や、普段は企業に勤める社会人など、民間学校ならではの様々な年齢・人種が日本語を学んでいます。生徒達は自ら進んで日本語を勉強したいと考える人達ばかりですので、教え甲斐のある環境といえるでしょう。
生徒の中にはJLPTN1同等レベルの会話力を持つ人もいます。ビジネスの為に日本語を勉強している生徒達、受験勉強の為に勉強している生徒達は、高いレベルの日本語能力を目標としています。また、一般クラスの生徒達のほとんどは、楽しんで日本語を勉強したいと考えている方が多いです。
一般クラスの生徒達に継続して当校で勉強してもらえるような授業を提供する事は、教師の力量が試されるでしょう。オーストラリアはクリエイティブをとても重視する国です。テキスト通りではなく、先生のクリエイティブな授業を生徒達は楽しみにしています。
日本で教壇に立つ経験とは違った経験も沢山できるでしょう。そういった意味でも非常に教え甲斐のある環境です。

 

学校の様子はこちらのフォトギャラリーからご覧になれます。

 

学校概要

 

学校名

JIC Language School

住所

Suite 6 & 8 & 20, Level 1, The Paramount Centre, 108 Bourke Street Melbourne 3000 VIC Australia

電話                  

+(61) 3 -9654-5121

Webサイト

www.jic.com.au

学校の形態

民間語学学校

生徒数

250 人(日本語、中国語、英語)

教員数

日本語教員 10

 

指導方法および使用教材

  直接法を採用。主にみんなの日本語

授業スケジュール

 

月曜から日曜

イベント・カルチャークラス等は、有給発生後もボランティア活動扱いとし、すべての先生にお手伝い頂きます。

コマ数

 

 

1コマ 60分~90分(その他の時間数もあり)

生徒数、能力などにより異なるが、週あたり15コマ前後(平均1020コマ/週)

給料

 

WBAクラスを担当し、指導教員による評価や学生の進級率の結果を考慮し、原則として実習修了後に$15/hの活動費が支給されます。

※研修プログラム期間中のため、有給はオーストラリアの最低賃金に沿うわけではありません

最寄りの空港

メルボルン(タラマリン空港)