プログラムの特徴

 

 

このプログラムは、研修生ができる限り早く多くの実務経験を積めるように構成されています。

 

当初では授業見学、デモレッスンを行いながら指導教員の指導を受けることになりますが、早い段階でBAクラスに集まるゼロ学習者のクラスを担当することができます。自分の担当していたBAの学習者が進級する場合も引き続き担当を続けていくシステムとなっています。このシステムを通じて、生徒たちと共に成長していく機会を設けています。


また、このプログラムでは実務経験のない研修生が教えるということもあり、日本語ゼロ学習者のクラス(Beginner Aクラス)は授業料免除で開講しています。日本語を勉強したくても機会がなかった方など、様々な層の方がクラスに参加されています。
日本語教師を目指す研修生、日本語に興味を持つ生徒、双方にとって非常に有意義な機会です。

 

プログラムの流れ

プログラム初日 オリエンテーションに参加していただきます。主に【JICの学校規則】【教師としての心得】【プログラム参加】に関する契約事項などの再確認を行います。

 インターンシップ開始 教案の作成、模擬授業、また授業見学をしていただきます。

 

【教案の作成】... 教案は()Beginner Aクラス(日本語をはじめて習う人が対象)から作成していきます。

【模擬授業】...教務主任に教案の提出後、添削したものが返ってきます。またそれにご自身で修正をしていただき完成したら模擬授業をします。模擬授業は毎週1回行います。模擬授業は、指導教員はもちろん、様々な在籍教師参加のもとでチェックをしています 。

授業見学】...JICの講師のレッスンを見学していただけます。実際の授業をみていただくことで、教案の作成の手助けになったり学生の雰囲気を体感できたりと大変 貴重な機会です。

【最終テスト】...最後の模擬授業が合格してから、実際にレッスンを担当していただきます。担当するクラスはBeginner Aのクラスをひとり一任制でもちます。

インターンシップ終了 Beginner A3週間のレッスンが終えた時点で、再度 授業を確認します。そして教務主任の最終結果によりインターンシップが終了となります。

 

Beginner A…日本語教育でゼロ初級と呼ばれるクラスです。

 

このプログラムの詳細につきましては 詳細と参加規定 よりパンフレットをご覧ください。

 

無給期間について インターンシップ中は、お給料が発生しません。

 

インターンシップ期間はBeginner A3週間のフリーレッスンが終了するまでです。

基本的にはフリーレッスンが終了してから有給となりますが、無給期間中の活動の様子、模擬授業チェックの判断によっては無給期間が長くなることもあります。 予めご了承ください。

有給について  インターンシップが終了してから有給になります

有給への移行は無給期間中の活動と模擬授業のチェックを行ってから、お伝えさせていただきます。